blog

令和の発音 アクセントは? 天皇陛下のお言葉で個人的に決着【れいわ】

更新日:

令和の発表

新元号「令和」(れいわ)の時代が始まりました。

令和の発音について
アクセントは?
「昭和」or「明治」タイプ?

について天皇陛下のお言葉から、考察してみたいと思います。

令和の発音 アクセントは?

平成最後の日の2019年4月30日午後5時、
皇居・宮殿「松の間」で
「退位礼正殿の儀」が厳粛な雰囲気の中、執り行われました。

天皇陛下の在位中、最後となるお言葉の中で、

「明日から始まる新しい「令和」の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、
ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」

とのお言葉がありました。

ここで注目したいのは天皇陛下の「令和」の発音です。

「明治」と同じくアクセントが頭になるタイプでしたね。
他の言葉では「神戸」とか「冷夏」と同じアクセントです。

 

内閣府によると

「アクセント(イントネーション)についての決まりはありません。

ですので、自由に発音していただいて構いません」

ヤフーヘッドラインニュース「令和の発音、語頭にアクセント?それとも平板? 内閣府に聞いてみた」より抜粋

 

とのことでアクセントは自由です。

 

自由で指針が無いため「昭和」タイプか「明治」タイプか悩むのですが、

本日の天皇陛下のお言葉を聞いて、
あくまでも個人的にはですが、

天皇陛下と同じ発音で、いきたいと思います。

 

下記動画で天皇陛下のお言葉を拝聴できます。


時間が無い方は8:12頃からどうぞ

まとめ

いかがでしたでしょうか。
令和の発音は自由で「昭和」タイプの発音でも良いと思います。

筆者も「昭和」タイプか「明治」タイプか迷っていましたが、
やはり天皇陛下の重みのあるお言葉で迷いが消し飛び、一瞬でこの問題に決着がつきました。

実際に頭高の「明治」タイプで発音してみると、気が引き締まるというか、さわやかな感じがします。

ちなみに菅官房長官や、安倍首相も「明治」タイプの発音でしたね。
アナウンサーの発音も同じく「明治」タイプの発音が多い印象です。

これから始まる新しい令和の時代、気を引き締めて迎えたいと思います。

それでは、またお会いしましょう!

-blog
-, , , ,

Copyright© 俺のベストプラクティス , 2020 All Rights Reserved.