IT関連

機械学習の知識ゼロで挑む AWS DeepRacer【2日目の結果】

更新日:

aws deepracerのロゴ

エンジニアのためのレース、AWS DeepRacerが開幕中です。

全くの素人がどこまで戦えるのか
挑戦の過程と、これから始める方に役立つ情報を共有します。

 

 

Day2 初レース参戦から報酬関数との格闘の末・・・

これまでの経緯

 

2019年6月のAWS SUMMITに向けて情報収集していたところ、

DeepRacerというメチャ面白そうなものを見つけました。

 

世界中からオンラインで参加できるバーチャルレースがあり、

第一回のLondon Loopが4月29日~5月31日まで開催中です。

 

機械学習の知識ゼロでどこまで戦えるのか、

体当たり、当たって砕けろ企画です。

 

1日目の結果は下記リンクからどうぞ

1日目の結果

 

 

さて、「報酬関数」との格闘で眠気がMAXな状況なので、

いきなり2日目の結果を発表したいと思います。

 

 

初代のデフォルト学習モデルからクローンを作成し、

報酬関数の改善を重ねること10代目の相棒がやってくれました!

 

 

AWS DeepRacerの2日目の結果

 

 

なんとか12秒台を叩き出し、暫定ですが世界第53位を記録!!

 

 

ここまでの挑戦で分かったことを共有しますと、

 

 

 

 

ここまでの挑戦で分かったこと①

報酬関数はプログラミング言語であるpythonですが
サンプルの関数を参考にすればなんとかなります!

 

プログラミングというと、自分にはちょっと。。。と敬遠されるかもですが、

心配ご無用です。

 

サンプルの記述方式がアマゾンの公式に記載されているので、

全くの素人でも理解可能です。

 

 

むしろ、一回のクローン作製と1hの機械学習で約3ドル(USD)+αの費用がかかるので、

楽しみながらどんどん理解が深まります。

 

 

ちなみに現在までの請求費用は下記です。

 

AWS DeepRacerにかかる費用2日目までの累計

 

 

やはり自身の金がからむので1回の機械学習にかける思いも半端ないですね。。

 

 

必然的に本気で挑むことになります(笑)

お金に余裕が無いほうがむしろ有利です。。

 

 

この10代目は、試走のタイムでは下記の通り、

 

 

AWS DeepRacerの10代目の機械学習評価モデル結果

 

12.670秒を記録しているので、

何度かバーチャルサーキットに参加すれば、

もっと記録を伸ばせそうです。

 

ここまでの挑戦で分かったこと②

バーチャルサーキットへの参加登録は30分ごとに1回可能です。

運もからみますが、スマホからもエントリー可能なので、

どんどん参加すればタイムが伸びる可能性があります

 

 

現時点(5/29の夜)メンテナンス中で、

強化学習もバーチャルサーキットへのエントリーもできない状況ですが、

仕事の合間にチャンスがあればsubmitするのが良いかもですね。

 

AWS DeepRacerメンテナンスのアナウンス

 

 

レースの期限が迫っているので、早めに復旧してほしいところです。

 

 

それでは、今日はこのあたりで。

 

Day3 まさかのメンテナンスで・・・

3日目の結果はこちらからどうぞ

-IT関連
-, , , ,

Copyright© 俺のベストプラクティス , 2020 All Rights Reserved.